今年ももう残りわずかとなりましたね。

そこで大掃除の準備を始めようかと思われているのではないでしょうか。

でも、いざ大掃除をするといっても、
日頃の積み重ねた部屋の中をどこからどのように始めたらよいか
考えてしまいますね。

そんな時にまずはじめにやってもらいたいことがあります。

Sponsored Links

大掃除のコツは?

まず、掃除に入る前にいらない物を仕分けるところから
やってみてください。

というのも、不用品ばかりのものをいくら整理しても
結局収集がつかなくなるだけで、部屋の掃除までなかなかたどり着けません

そりゃ、当然!と思えばそうですけどね。
でも、これがなかなか難しいのです。

部屋の不用品を整理すのは難しい

大掃除はどこから進めたらよいのか?

不用品を整理するのはまず
服、本や雑誌、化粧品などから整理をするのがおすすめです。

なぜかというと、
すぐ無駄遣いして買ってしまうアイテムだったり、
その年のシーズンの流行で買ってしまうことのアイテムの代名詞だからです。

そのため服や本や雑誌、化粧品など身近なもので
今も使っているものはあるのか?
または、汚れや劣化で見苦しいものはないのか?と
見返してみてください。

不要な服をリサイクルしよう

大人であれば、流行の服は買わない!と
きっぱり決めている方もいるかもしれません。
それはそれで最良の選択が出来ている方ですね。

でも、子供服はもうサイズが合わないし、
かといって周りの子にあげるにもあげられないというものも多いのでは?
そんな時には、子供服のリサイクルショップ(例えばキャリーオン)に出してしまうのもよいですね。

なかなか捨てられない思い出の子供服も
お金にかえられると思えば、捨てやすくなりますし、
そのお金で新しい子供服を購入することもできますからね。

いらない本や雑誌をリサイクルしよう

うっかり購入してしまった本や雑誌ってありますよね。

または、いらなくはなかったけれど受験に使った
重くて大きな参考書や大学生時代や高校生の時に使っていた
教科書も卒業や合格したあとはもういーらない!となりますよね。

その当時は、とても大切な書籍だったかもしれません。

でも、その思い出は心にとめて
場所をとるだけの書籍はリサイクルしてしまいましょう。

特に専門分野の書籍であれば、高価買取を
してくれる場合もあります。

無駄に高かったから捨てられない…なんていう教科書も
リサイクル(例えばテキストポン)でポンポーンって捨ててしまいましょう。

レッツ断捨離

大学合格後の新生活に向けての
引っ越しなどの際にも身軽になっていいですよ。

いらない化粧品をリサイクルしよう

女性に多いのがやはり不要な化粧品が
いっぱいうちにあるということ…。

その時は欲しくて購入した
香水や口紅やマニュキュア…

そうそう
その時は欲しい!必要なアイテムだったはず…。

でも、時間がたつにつれて
このカラーは今年の流行ではない!

と思う日が来てしまうのです。

そして、また新色カラーの化粧品を購入してしまいたくなるのが、
女性ってものなんです!!!

だから、もうしばらく使っていないという香水や
口紅、アイシャドーなど化粧品各種は
パパーっとリサイクルに回しましょう。

化粧品って購入時は、無駄に高いんです。

だから結局いらないとわかっていても、
捨てられないのです。

なので!大事なこと言います!

リサイクルして化粧品もお金にかえましょう。

そして、新しいおニューの化粧品を買いましょう!
新年に向けて欲しいカラーを購入するための
軍資金にしましょう♡

なんと化粧品のリサイクルは、
開封していても買取してくる場合もあります。

意外ですよね。
開封しても引き取ってくれるだなんて素敵!

ということで、身の回りにある
化粧品も捨ててしまいましょう。
見積(例えばJUSTYが簡単にとれますよ。

年末は、不要なものを捨てる絶好のチャンスです。

思い切って捨てる!ではなくて、
リサイクルに回してお部屋をキレイにしてみましょう。

整理された綺麗な部屋に
新しくおしゃれなインテリアを迎えるのもいいですよね。
あとは、香りのよいフレグランスで新年をむかえるとかもね。

断捨離した部屋のなかは、
新年を迎えるにあたり運気もあがりますよ。

おためしあれ♪

あと、別にはなりますが、お掃除特集の一環として、
もし服の匂いが気になるときにはこちらも魔女っ粉もおすすめです。
ちょっと断捨離の話とはそれますが、
1年に一度は衣類をキレイに除菌したいですからね。